トイプードルとティーカッププードルの違いとは?

トイプードルとティーカッププードルトイプードル

港区南麻布にあるブンゴヒルズは、トイプードル・ティーカッププードル専門犬舎です。当サロンでは、愛くるしい見た目と人懐っこい性格のトイプードルを飼い主様にお引き合わせするお手伝いをしています。

今回は、「トイプードルよりもさらに小さいサイズのティーカッププードルって、どんな子なの?」「すごく小さくて可愛いから飼いやすそうなイメージだけれど、実際はどうなの?」という方に向けてお話をしていきます。しばしお付き合いくださいね♪

トイプードルよりもさらに小型のプードルたち

小さくて愛くるしい姿のタイニープードル&ティーカッププードル
“トイプー”の愛称で親しまれているトイプードル。ふわふわの巻毛とぬいぐるみのような見た目、無邪気に懐いてくれる健気な姿にメロメロの方は非常に多いです。
天使のような愛くるしいトイプードルを我が子のように育てている飼い主様が多いのは、ブリーダー冥利に尽きるといえます。
そんな愛されキャラのトイプードルは、一般的に、

体高:24~28cm
体重:3㎏前後

と言われています。このサイズでも十分に可愛いのですが、トイプードルの中には、さらに小さいサイズで生まれてくる子たちがいるのをご存知ですか?
トイプードルより一回り小さいサイズの子を“タイニープードル”、さらに小さい子を“ティーカッププードル”と呼びます。おおよその大きさは、

●タイニープードル
体高:20~27cm
体重:2~3㎏

●ティーカッププードル
体高:23cm以下
体重:2㎏以下

になります。

小さくたって立派なトイプードル!

ドワーフタイプのマイクロティーカッププードル

性格はトイプードル同様、利発で人懐っこい愛されキャラ
タイニープードルやティーカッププードルは、大きさこそトイプードルとは一回り以上異なりますが、基本的な性格は、トイプードルと変わらないと言えます。活発で、賢く、人懐っこいフレンドリーな性格のため、しつけがしやすく、非常に友好的です。
体が小さい分、トイプードルよりも甘えん坊で、デリケートな一面を持ち合わせていますので、寂しい気持ちや不安な気持ちにさせないよう、声掛けやスキンシップなど、常に愛情を注いであげてくださいね!

JKC(日本ケンネルクラブ)での犬種は「トイプードル」

JKC(日本ケンネルクラブ)認定の犬種は、

スタンダードプードル

ミディアムプードル

ミニチュアプードル

トイプードル

の4つになります。「あれ?タイニープードルやティーカッププードルの名前がないけれど…」と疑問に思う方もいることでしょう。
実は、タイニープードルやティーカッププードルの歴史は10数年とまだ浅く、JKC(日本ケンネルクラブ)では正式な犬種として認められてはいません。
というのも、タイニープードルやティーカッププードルは、体の小さなトイプードルの両親から奇跡的に生まれた超小型の子たちであり、小さい体で生まれた分、リスクが多く、ブリーディングが非常に難しい犬種です。
また、超小型で生まれたとしても、成長の過程でタイニープードルやティーカッププードルのサイズよりも大きく育ったり、一般的なトイプードルくらいの大きさに育ったりすることが多いため、犬種の認定にまで及んでいないというのが現状です。

トイプードルは“サイズ”以上に存在自体が尊い!

ミニマムサイズだけに囚われて大切なことを見失わないためにタイニープードルやティーカッププードルが手のひらに乗っている姿、ティーカップに入っている様子などは、たしかに可愛らしく、“守ってあげたい!”という私たちの母性や庇護欲を刺激してくれますよね。
タイニープードルやティーカッププードルを迎え入れた飼い主様が、「成犬になってもミニマムサイズでいてほしい…」と思ってしまうのは無理からぬことです。
先にも述べましたが、成長するにつれてどのくらいの大きさになるかは、まさに“神のみぞ知る”です。体が小さいにも関わらず食欲旺盛でわんぱくな子もいれば、食が細く、あの手この手を変えてもなかなかご飯を完食してくれない子もいます。
全部個性なので、無理に食べさせたり、ダイエットさせたりするのではなく、専門に取り扱っているブリーダーにご相談ください。
でも、一番大切なことは、小さくてぬいぐるみのような見た目でも、尊い命を持って、懸命に生きているという点です。新しく家族として迎え入れた以上、サイズばかりにこだわらず、家族としての絆をしっかり育んでいくことに力を注いでいきましょう♪

小さいがゆえに徹底した健康管理が必要!

ところで、皆さんは、トイプードルが無邪気に遊んでいる姿をご覧になったことがありますか?走り回ったり、飛び跳ねたり、とにかく天真爛漫で元気ですよね!
このトイプードルの性質や運動能力は、小さくなっても基本的に同じなんです。
タイニープードルもティーカッププードルも、走ったり、ジャンプしたりするのが大好き♪
「あんなに小さい子たちが飛び回っているのを黙ってみてられない!」
「ソファーから落ちてケガしたらどうしよう…」
「お外は危険がいっぱい!お散歩なんてとんでもない!」
と大事にするあまり、過保護になっていませんか?
体が小さいからと言って彼らの身体能力を甘く見ることなかれ!室内だけでなく、ぜひお外でも遊ばせてください!
きっと大冒険ではしゃぎまわる姿に、愛おしさが募ること請け合いです♪
ここでブリーダーとしてワンポイントアドバイス!お散歩時には、熱中症のリスクもあるので、真夏の特にお昼間は避けましょう。
早朝か、夕方~夜の涼しい時間帯に“冒険”という名のお散歩に繰り出してください!

まとめ

いかがでしたか?
タイニープードルとティーカッププードルが実は血統書上は“トイプードル”であることや、ブリーディングが難しい希少種であることに驚かれた方も多いのではないでしょうか。
サイズや見た目は、たしかに家族として迎え入れる際の決め手の一つとなりますが、賢くて愛くるしいトイプードルであることには代わりありませんので、愛情を持って育て、素敵な家庭を築いてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました