トイプードルの熱中症の初期症状を見逃がさないで!!!

トイプードル 熱中症トイプードル

トイプードルは暑さが大の苦手です。犬は人間とは違い、汗をかいて体温調節がうまくできません。また全身が毛で覆われて体温が高いため熱中症になりやすく注意が必要です。熱中症は飼い主さん注意次第で防ぐことができます。この記事では、熱中症の原因ついて、初期症状や対処法、予防法ご紹介します。

トイプードルの熱中症の原因

人間のように、全身で汗をかいて体温を下げて調整することができないため、パンティングハァハァと舌を出して口で呼吸する方法)によって水分と一緒に体の熱を放出させて体温を下げようとしますが、人間と違って効率がよくありません。
また、外に出れば、温度が高くなる地面との距離が近いため照り返しによる暑さ、また全身が毛で覆われているため犬の体温も高いため熱中症になるリスクが高いです。

ドッグフードの選び方

熱中症になる原因①高温多湿な環境

熱中症対策は、実は、気温よりも湿度に注意が必要です。湿度が高くなる雨の日は気温がそれほど上がらなくても熱中症の危険があります。

熱中症になる原因②過度な運動

運動をすると体温が高くなります。犬は人間のように汗をかいて体温調節が難しく熱中症になりやすいです。
特に、好奇心旺盛な1歳未満の子犬は、はしゃぎすぎて、突然倒れてしまうこともあります。
2歳くらいまでの子犬は、自分で遊びの時間を調節することができないため、愛犬の様子と時間を見ながら遊ばせるようにしましょう。

熱中症になる原因③暑い時間のお散歩

地面との距離が人より近いため、地面から熱を受けやすいため熱中症になりやすいです。

トイプードルの熱中症のサインを見逃すな!熱中症の代表的な症状

犬の体温は人の体温より高く、40°Cを超えると危険な状態です。
熱中症の場合は、通常のパンディング(ハァハァと舌を出して口で呼吸)よりも速くなります。また以下のような症状が見られた場合は、熱中症のサインです。当てはまる場合は、対処が必要になります。

【熱中症、初期症状】
・体が熱くなる
・いつもより呼吸が激しい。
・落ち着かない
・よだれが多い
・目が充血する
・呼んでも反応が鈍い、ボーッとしている。
・横になり立ちあがろうとしない


さらに、重症化すると
・嘔吐や下痢
・発作
・ぐったりする
・意識がなくなる

など、
熱中症は死にいたることもありますので、すぐに動物病院に連絡してください。

トイプードルが熱中症になった時の対処法

熱中症は「そのうちよくなるだろう」と独自で状態を判断せずに急いで動物病院に連絡し獣医師の指示に従ってください。
病院に行くまでの応急処置として、
日陰や室内など涼しい場所に移動し、エアコンを効かせ、体を冷やし、水を飲ませる(飲まない場合は、無理に飲ませない)
犬の体に水をかけて、扇風機などで風をあて太い血管がある首や脇、内股、脳のダメージを防ぐため頭を氷と水をビニール袋に入れて作った(氷のう)や保冷剤で冷やしすぐに動物病院へ犬を連れて行ってください。
様子を見るなど独自の判断ではなく病院に連れて行ってください。

【注意点】
冷たい氷水をかけると、末梢血管が収縮するため、冷却の効果が下がってしまいます。
体を冷やしすぎると低体温状態になるため注意が必要です
熱中症は初期症状のサインに飼い主さんが早く気が付くことが大切です。
体温を下げることで回復が期待できますが、回復しても動物病院に連絡し先生の指示に従ってください。

トイプードルが熱中症にならないための予防法

夏場は、エアコンをつけっぱなしにする

夏場は、必ずエアコンをつけてください。窓を締め切った室内は、温度がとても高くなります。
エアコンの設定温度は部屋の広さや愛犬の年齢、体質によって最適な温度は違います。
トイプードルのような小型犬やシニア犬は、設定温度が低すぎると、体調を崩しますので設定温度を25°Cから27°Cで湿度は50%程度に設定し愛犬の反応を見ながら、寒すぎない快適な温度に設定しましょう。

トイプードル 熱中症

冷たい空気は下にたまります。サーキュレーターや扇風機で空気を攪拌し温度のムラを防いでください。
寒くなったら、愛犬が逃げられる場所も用意してあげるようにしましょう。

トイプードル 熱中症

暑い時に、過度の運動や散歩をさせない

たくさん運動をすると体温を上昇させるので、愛犬の様子を見ながら運動量を調整しましょう。
時々、肉球やほっぺを15°Cぐらいの温度の保冷剤でじんわり冷やしてあげると体温の上昇を抑えることもできます。
自動販売機で買ったばかりのペットボトルは5°C程度と低めのためすぐに使用せずに散歩の途中や帰り道のクールダウンに使用すると便利です。
早朝や夜の地面の冷えた時間帯に散歩をするようにし、水分補給を行いながら散歩するといいです。

トイプードル 熱中症

いつでも新鮮な水を飲める状態にしておく

脱水症状を防ぐために、飲み水がなくなってないか、新鮮な水か確認しましょう。
水温が高くならないよう置き場所にも気をつけてください。
水分の多い食事を与えるなど工夫も大切です。

夏場はサマーカットにする

毛が長い犬は短くカットしさっぱりさせてあげるのも、暑さ対策です。
地肌が見えるくらい短くしてしまうと、直射日光で肌にダメージを与えるため毛の長さの調整などトリマーさんに相談し愛犬に似合うカットを相談してみましょう。

体をひんやり冷やすグッズを活用する

ネッククーラーを巻いたり、ひんやりマットを敷いて愛犬が快適に過ごせるようにしましょう。

トイプードル 熱中症

まとめ

いかがでしたか?
夏の暑い日、犬は人間以上に暑さが苦手で、熱中症から愛犬を守るために、部屋の温度や湿度、散歩の時間、暑い時の過度な運動など気をつけて熱中症を予防しましょう。

トイプードル 熱中症

コメント